電鳥ブログ

エレクトーンプレイヤーがエレクトーンや音楽な便利情報を発信するブログ

MENU

電鳥式演奏動画の作り方-入門編

前説

皆さんおはにちばんは
電鳥です( 'ω')

さてさて今回は【電鳥式演奏動画の作り方】ということで、
演奏動画の作り方を公開します!

【電鳥式演奏動画の作り方】は入門〜上級編、今さら聞けない知識編といったシリーズとして公開していく予定なので、他の記事も併せてご覧ください(´∀`)

 

今回は 入 門 編 ということで
とりあえず形にしたい人向け です!

演奏動画を残すことはとてもメリットがあります
自分の演奏を形に残すだけでも思い出に残るし、振り返りができるので技術の向上にも役立ちます

入門編は、動画投稿サイトにアップロードすることにこだわらず、家族や友達と共有する、SNSやLINEのみに簡単に投稿したい
という方への記事です

それではいってみよう( 'ω')!!

録音録画をするまで

用意するもの

今回は基本的に録音も録画もスマホひとつでOKです
最近のスマホは音声も良く撮れてると思います、僕もツイッターに投稿するだけならスマホオンリーで撮ってもいいかなと最近は思います

固定用にスマホスタンドがあっても良いですが、コップとかに立てかければ無問題なので、スタンドも必須というわけでは無いですね

スマホ用マイクは「音質が良くなる」というより「ステレオ風になる」程度のものです

ステレオにするためにはインターフェースを用いたライン録音する必要がありますが、今回は触れません。今後の記事で書いていきたいなと思います

セッティング

基本的には下記の2択で置く場所がそれぞれ異なります

  • 全身を映したいとき
  • 手元だけ映したいとき

ここでは「全身を映したいとき」という想定で説明します
お部屋の都合などもあるかと思いますが、個人的には

  • 位置:左後ろ45度ほどの角度
  • 高さ:180cmほどの高さ
  • 距離:エレクトーンから1mほど離れて

この3点が揃う位置が綺麗に映るのでおすすめです!
身長などによっても変わるかと思うので、色々と試してみてくださいね!

ちなみに右後ろよりも左後ろから映した方が、ベースが綺麗に映ります( 'ω')

使うアプリ

スマホに標準で入っているカメラアプリで十分です

 

録音録画をしてから

録音録画をしたらもう完成です!
ご自身で楽しみましょう

自分自身で演奏を振り返るもよし、
LINEで友達に送るもよし、
SNSに投稿してみるよし、
です!

 

SNSに投稿してみよう

ここではSNSツイッターとインスタ)に投稿する際の注意事項を書きます

ツイッターやインスタグラムに投稿する際、それぞれ気をつけなければいけないことがあります!
動画の投稿にはルールがあるので、それを記載していきますね

ツイッター

スマホツイッターにアップロードできる動画の条件

  • 拡張子:MP4、MOV
  • 容量:最大512MB
  • 時間:2分20秒(140秒)以下

参考:https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-videos#video-formats

 とありますが、簡単にまとめてしまうと

  • 2分20秒以内ならスマホで撮ってそのまま投稿できる

です
スマホで撮った場合「拡張子」や「容量」は問題ないかと思います
時間だけ要注意ですね

PCで動画編集する場合はエンコードを事前にしなくてはならないので、色々なツールが必要です
そういった意味でもスマホで録音録画するのはお手軽で便利です

 

インスタグラム

スマホでインスタグラムにアップロードできる動画の条件

  • 拡張子:MP4、MOV
  • 容量:4GB(らしい)
  • 時間:3秒~60秒

参考:https://help.instagram.com/

 とありますが、簡単にまとめてしまうと

  • 3秒~60秒ならスマホで撮ってそのまま投稿できる

です
時間以外はツイッターと同じですね

ちなみに1分以上の動画をインスタグラムで投稿する場合は「IGTV」への投稿でないといけないようです
(僕もそんなに詳しくはないですが……)
これはPCでないと投稿できないため、今回の説明からは省きます

 

 

以上、【電鳥式演奏動画の作り方】入門編でした

 

最後に

この記事を読んでいる方、
この内容を簡単とも難しいとも思う方、人それぞれかと思います( 'ω')

僕はこの記事を是非「演奏動画を投稿したことが無い方」に見ていただきたいです

そして、今この記事を見てくださっている方にお願いがあります。

もし身近な人に「楽器を持っている」「身内で音楽を楽しみたい」といった人がいたら、
この記事を紹介していただけると嬉しいです

・僕の紹介でこの記事にたどり着く方
よりも、
・今この記事を見ているあなたの紹介で、この記事にたどり着く方
の方が、この記事を必要としている確率が高いと思っています

僕の周りでも、皆さんの周りでも、音楽を楽しめる環境を作っていけますように( 'ω')

 

今日はこの辺で
ホナ( ´ω` )ノさいなら