電鳥ブログ

エレクトーンプレイヤーがエレクトーンや音楽な便利情報を発信するブログ

MENU

作品紹介 - FF6 - 決戦/FINAL FANTASY VI【エレクトーン演奏】


FF6 - 決戦/FINAL FANTASY VI【エレクトーン演奏】

作品紹介シリーズ第二弾はこちらでございます( 'ω')

2009年に作成した動画ですね、懐かしい・・・
当時は大学生でした、パワー(体力)あふれる演奏ですね、今はもう弾けません、
主に腰が( ゚Д゚ )

そんな懐かしい演奏動画を振り返ってみます

楽曲紹介

ファイナルファンタジーシリーズでも特に有名な戦闘曲ですね!
FF6のシーンボス戦として流れる楽曲です。
原曲としてはゆったり重々しいリズムが特徴かな?

バトル曲!なのにも関わらずなんでこんなにゆっくりなんだ!
と思っていたのを覚えています( 'ω')… 

アレンジについて

「 ス ピ ー ド & テ ク ニ カ ル 」

そんなモチーフでアレンジしました。


【楽譜動画】FF6 - 決戦/FINAL FANTASY VI【エレクトーン】

(今見るとホント若い演奏というか・・・今もうコレ弾ける体力は無い・・・)

もともと両足駆動の16分音符同音連打を盛り込むことを先に決めていてアレンジしています。
その中でも、当時自分が足演奏で演奏できるのが
テンポ140の16分音符までだったので、大体そのくらいのテンポでアレンジをしました。

2分あたりの速弾き後の[F7→G→E7m→A7]で進行するフレーズはいわゆる「リハーモナイズ(リハモ)」といわれる手法ですね。
僕のアレンジは基本このリハモが主題となっていて、今では切っても切れない関係(?)でしょう。
リハモ=自己表現 だと思っている反面、
リハモ=原曲破壊 とも思っています。
バランスって難しいですが、自分としては前者を大切に今後もアレンジを続けていきたいです(*'▽')

こだわったところ

上にもあるように「スピード」「テクニカル」ということで、他の人が演奏していない技法を使うところが一つ、こだわったところです

動画の2分8秒あたりからのベース三連符は

  • ラ:右足
  • ミ:左足かかと
  • レ:左足つま先

で演奏をしています

ベースはモノ設定がデフォ(同時に複数の音が出せない)なので、それを利用した形ですね。

足鍵盤でいうと他は、ベースのスラップのような動きや、同音連打をモリモリ入れていくことが「こだわったところ」に入ります

指鍵盤の演奏に関しては特に・・・足に気を取られててこだわっていなかったですね。
当時はこれを即興レベルで弾いていたかと思うと、自分でも恐ろしいというか、老いは怖いなぁという気分になりますねww 

最後に・・・

この曲は2016年のドワンゴさんが主宰された「ニコニコ闘会議」でリメイクして演奏もしました。
リメイク版の動画投稿はまだしていないですが、気が向いたらそっちも投稿したいですね。

 

ではでは今回はこの辺で

(*'▽')